狭山ヶ丘中の定期試験(定期テスト)対策が始まります | 小手指進学セミナー

狭山ヶ丘中の定期試験(定期テスト)対策が始まります

By NanahoshiAkira, 2017年5月25日

小手指進学セミナーでは、まもなく狭山ヶ丘中の定期試験(定期テスト)対策が始まります。

定期試験対策期間:5月26日(金)~6月8日(木)

狭山ヶ丘中の第1回定期試験は、6月8日(木)と9日(金)です。
以下に各学年の定期試験勉強のポイントを説明しますので参考にしてください。

中学1年生
中学生になって初めてのテストです。今回は中学生範囲は1カ月半とやや少ないので、しっかり準備をして高得点を目指しましょう。
小学校の復習のような問題が出る可能性があります。特に、理科や社会、数学は教科書を音読したり、問題を解いて思い出しておいてください。
また、授業中に先生が「指示」を出したり「ヒント」をくれたりしますので、ボーッとしていないで、集中して授業を受けましょう。

中学2年生
中学校生活にも慣れており、油断しやすい時期です。今一度、気を引き締めて定期試験勉強に取り組みましょう。
定期試験勉強のポイントは、
*国数英は、ワークを3回(または分かるまで)繰り返し解く。
一回目は答えを見てもよいですが、2回目以降は見ないで解いてマルをつける。マルつけをしてから、分からなかった問題の解説と説き方をすべてノートに写して覚える。答えを見ながら解いても覚えない。
*理科や社会が苦手な場合は、ワークの問題に絞って何度も繰り返し「書いて」覚える。中学校の先生から授業中などにプリントも同様に「書いて」覚える。
*暗記は、教科書を黙読するのではなく「音読」または「書いて」覚える。
*英語が苦手な場合は、まず教科書本文をすべて書けるように、また読めるようにする。次にワークの問題を解けるようにする。

中学3年生
高校受験を意識して取り組む必要がある最初の定期テスト(定期試験)です。
数学は2年の単元からも出題される場合があります。定期試験範囲が発表されたら、試験範囲をきちんと確認して、予定を立てて定期試験勉強しましょう。
上記中学2年生の定期試験勉強のポイントも参考にしてください。

定期試験(定期テスト)対策中にやってはいけない勉強
× 授業で書いた内容を新しいノートに書き写す「ノートまとめ」はしない。
 (定期試験3週間前まではOK)
× 理科や社会のワークの問題を解くときに、教科書のページをめくりながら答えを探す「調べ物学習」型の勉強。
 (こちらも定期試験3週間前まではOK)
× 教科書の黙読
 (音読なら良いが、あくまでも気分転換程度にすること)

小手指進学セミナーの定期試験対策
小手指進学セミナーに通塾している中学生は、
「試験日の2週間前から」
「時間無制限で」
「無料で」

定期試験対策の勉強をします。だから結果が出ます。

小手指進学セミナーに通塾していない中学生でも、小手指進学セミナーの定期試験対策を受講できます。
詳しくは以下のボタンをクリック/タップして表示されるページをご覧いただき、お申し込みください。

#個別カリキュラム #少人数指導 #狭山ヶ丘中 #中学生 #定期試験対策 #定期テスト #小手指 #所沢 #塾 #川越女子 #川越 #所沢北


↓